慣れない間は

慣れない間

「完全無料」の出会い系サイトを利用していてマッチング率をアップするには、複数のサイトを同時進行で利用する戦術があり、これはタダで使い放題だからできるのだ。
そして、このメリットをさらに応用する方法を今回はご紹介しよう。
その方法は同じサイトを複数のアカウントで登録する方法だ。
一般的にはサブアカウントを作る――といわれる戦術である。
無料だから、別にサブアカウントをいくつ作っても良いのだ。
こういったケースも多いので「完全無料」の出会い系サイトのユーザー数は数字上多くなるのだ。
そしてメインアカウントとキャラとは違うキャラ設定をしてサブアカウントのキャラを作りあげる。
年齢も血液型も星座も変える。
スポーツ系の人は文化系タイプのキャラを設定すると良いだろう。
明確な違いを持っておけば、メインアカウントでは関心を示さない女性もサブアカウントの人物像に関心を示すケースが出るので多くの女性に訴求できるわけだ。
慣れない間は、二人程度のキャラでメインとサブの真逆で使い分けよう。
しかしながら、違う人格を演じるのは想像以上に大変だ。
キャラが増えれば増えるほど演技が難しくなりバレる恐れがある。
欲張らずに別キャラを1つ作る程度が良いと思う。

間違いのない事実

事実

「完全無料」の出会い系サイトを使って女性を見つけたい場合には、複数のサイトを同時進行で利用するのがお勧めだ。
その掛け持ち方法が出会いを成功させる究極のテクニックと言っても良いだろう。
女性が利用する出会い系サイトは1つであるという統計データがある。
女性は複数のサイトを掛け持ちをして男を捜し回るという行動には出ない特徴がある。
具体的に数字でこのことを解説してみよう。
わかりやすいように出会い系を使っている女性が100人と仮定し、5つの「完全無料」の出会い系サイトに20人ずつが登録しているとする。
もしもあなたが1つの「完全無料」の出会い系サイトに絞っていた場合、女性と親しくなれる最大値は20人が限界になる。
けれども同時に5つの「完全無料」の出会い系サイトを使っていた場合には、最大値は100人なるのだ。
会える確率は5倍に増えることがご理解いただけるだろう。
出会える確率も意中のタイプの女性に巡りあえる確率も増えるわけだ。
実際には女性でも複数の「完全無料」な出会い系サイトを使う人がいる。
しかし、出会い系サイトを使う女性が増えているのには違いない。
出会いの確率が上がるのは間違いのない事実だ。
これを有料Webサイトでした場合は、お金が5倍必要になるが、「完全無料」の出会い系サイトの場合は金銭的リスクはゼロだ。
プロフィールなども流用できるのでとても効率良い方法だから一度トライしてみよう。

確率が高くて高評価

高評価

男女交際コミュニティサイトの無料出会い系で女子大学生の瞳チャンと出会った経験をご紹介しよう。
ひとみチャンと知りあったのは、名前を言えば誰でも知っている大手企業が運営している無料の出会い系だ。
女性のコミックや週刊誌にも多くの広告を見かけるので名前は通っているし、無料サイトでも出会い確率が高くて高評価のサイトだ。
僕も噂を聞きつけて利用していると、掲示板に「浮気をしない男性がいますでしょうか?」と書き込みがあった。
僕は自分で言うのも何ですが<超真面目>タイプなのだ。
「僕は浮気をしない男性ですが、何か質問があれば答えますよ」とひとみチャンにメッセージした。
それを糸口にして親しくなり、メールのやり取りをするようになった。
出会い系を知らない人ならば驚くようなタイトルだと思うだろう。
しかしながら「浮気しない男性はいますか?」という書き込みのタイトルは結構あるようだ。
いいな!――と思ったタイトルはすぐに真似をされて大流行する。
女性が彼氏に浮気をされて破綻し、それをいやして欲しいからサイトを利用している人もいる。
だから「浮気をしない男性」の存在を確認したいわけだ。
ひとみチャンもこの例に当てはまるタイプだった。
同い年の大学生の彼氏に浮気されてしまったタイプだ。
ぼくは、そんな誠意のない彼はやめておけ!――こう説得して別れさせた。
そして僕と付き合っている。
浮気をしない男性の証明を僕自身がしているわけだ。

データを信用するしかない

信用するしかない

男女交際コミュニティサイトの無料出会い系を利用している場合、男女構成比率がどの程度か知りたいと思わないだろうか。
この割合が50%に近ければマッチング率が高くなる期待ができる。
しかし男性ばかりでシェアが8割から9割ともなれば出会いは難しいだろう。
「完全無料」の出会い系サイトは、男性も無料なので必然的に男性の比率が多くなる特徴がある。
タダで使い放題だから、気軽に登録できる。
そう考えると大部分が男性ではないか――これが常識的な話しだろうが、本当はどうなんだろう。
この数字は出会い系サイトが公開しているデータを信用するしかない。
しかし、一度サイトをチェックしてみて欲しい。
ほとんどのサイトは男女構成比率のデータなど発表していない。
発表していても何月何日付のデータであるとかは記載していない。
そして、データベースとオンラインで統計が出されるサイトに巡り逢った事はない。
ある統計データによると有料Webサイトで男性のシェアは6割程度だった。
「完全無料」の出会い系サイトの場合は、8割から9割が男性ユーザーである。
1対1の出会いを想定したら、男性の中で女性と会えるのは10人いたら1人か2人程度なのだ。
残りの人たちはデートなどできないのだ。
もちろんメル友やセフレならば1対多の交際になるから、それを<異性との出会い>とカウントするならば会えることになるのだろう。

この真実は間違いない

間違いない

男女交際コミュニティサイトの無料出会い系でさまざまな知識を身につけていただいたと思う。
運営方法・機能面・使用方法・メリットデメリット・女性が出会い系に持っているイメージ――さまざまな角度から分析・解説をしてきた。
今回はまとめとして、最も知りたいことをお話しよう。
それは<本当に出会いはあるのかどうか?>だ。
ある意味「イエス」でもあり「ノー」でもある。
イエスと言い切ってしまえば、嘘になる。
それは確実に出会えない人がいるからだ――この真実は間違いない。
一人でも出会えなければノーであるからだ。
この手の記事は、嘘があってはならないと思っている。
正直にいって確実な出会いを求めるならば、「定額制」の出会い系サイトのほうが確率が高い。
しかしながら、「完全無料」の出会い系サイトが全く出会えないということでもない。
本人がどれだけ努力をするかによっても変わってくる。
大切なのは「女性の気持ちになってメールのやり取りをすること」ではないだろうか。
女心を良く理解している男性ユーザーは、「完全無料」の出会い系サイトでも「定額制」の出会い系サイトでもたくさんの女性と知りあっているのだ。
女心を熟知している男性ならば、何も考えていない男性が多い「完全無料」の出会い系サイトは狙い目なのかもしれない。

Copyright(c) 2013 安全なオススメ無料出会い系サイト All Rights Reserved.